出身   熊本県
学歴   上智大学外国語学部卒業
趣味   料理・映画鑑賞・ジョギング
誕生日  3月10日(うお座)

東京大学 教養学部
附属教養教育高度化機構 環境エネルギー科学特別部門
客員准教授

専門:科学コミュニケーション

特定非営利活動法人・国際環境経済研究所 理事・主席研究員
特定非営利活動法人・再生可能エネルギー協議会 理事


Profile

松本 真由美
Mayumi Matsumoto

【プロフィール】

熊本県出身。上智大学外国語学部卒業。東京大学教養学部客員准教授。専門は科学コミュニケーション。研究テーマは、「地球環境問題と社会」「エネルギーと地域との共生」「エネルギーと社会的受容性」「エネルギー問題とメディア報道」など、環境とエネルギーの観点から持続可能な社会のあり方を追求する。大学在学中よりTV朝日報道番組のキャスターになったのをきっかけに、キャスター・リポーター・ディレクターとして取材活動を行う。その後、NHK BS1のワールドニュースキャスターとして「ワールドレポート」などの番組を6年間担当した。NPO活動を経て、2008年より東京大学の環境エネルギー分野の人材育成プロジェクトに研究員として携わり、2014年4月より現職。教養学部では「エネルギー科学概論」「科学リテラシー論」等の講義を担当。現在は教育活動の傍ら、講演、シンポジウムのファシリテーターやパネリスト、執筆等の活動を行う。

平成29年度 「再生可能エネルギー大量導入時代における政策課題に関する研究会」委員
平成25〜29年度 「産業構造審議会産業技術環境分科会地球環境小員会自動車・自動車部品・自動車車体WG」委員
平成24〜29年度 「浮体式洋上風力実証研究事業(福島)漁業協働委員会」委員
平成27年度 新エネルギー等導入促進事業調査「地熱発電の推進に関する調査」委員 
平成24〜27年度 新エネルギー等設備導入促進事業(固定価格買取制度の理解促進事業)審査委員
平成22年度 電源立地推進調整等事業「日本のエネルギー2011」策定委員会委員
平成28年度〜 日本学術振興会 産官協力研究委員会第175委員会 学界委員
平成27年度〜東京都国立市環境審議会委員


【著書】

「激論&直言 日本のエネルギー〜100年先まで見据えた課題を総まくり」(日経エコロジー編,日経BP社,2013年9月出版)第3章「スマートグリッドの経済効果」第4章「改正省エネ法の焦点」
「地球温暖化とグリーン経済」(未踏科学技術協会・生産性出版)第3章「再生可能エネルギー事業に関する訪独調査報告」
・「再生可能エネルギーを活かした地域創造へ」(ビオシティ62号,共著,2015年4月)

【執筆】

・経済産業省「再生可能エネルギースキル標準(GPSS:Green Power Skills Standard)」執筆メンバー
・国立国会図書館調査報告書「再生可能エネルギーをめぐる科学技術政策」”再生可能エネルギーを担う人材育成における課題”瀬川浩司教授との共同執筆(2014年3月)
・日本風力学会「生物多様性との共存を図る風力発電の開発〜クリーンエネルギーとしての社会的受容性と地域振興」
・日本太陽エネルギー学会「未来へつなぐ風力発電〜コミュニケーションの視点から考える」(Key Factors of Communication Driving Wind Power Projects)
・日本原子力学会「科学コミュニケーションの観点からバックエンド問題を考える」
・国際環境経済研究所(IEEI)「クリーンパワープランで米国は世界の低炭素技術をリードできるか」連載
・同 「松本真由美の識者に聞く〜ポスト震災 日本はどう動くか」連載
・同 「エネルギー戦略最前線〜業界企業はこう動く」
連載
・同 「ゼロからわかるPM2.5のはなし」
・エネルギーフォーラム「停電でも電気と熱を継続供給”災害に強い街づくり”」
・月刊「ビジネスアイエネコ地球環境とエネルギー」にて「松本真由美の環境・エネルギーDiary」連載
・東奥日報「TooLIFE」にて「松本真由美の知ってなるほどエネルギー」連載
・日経BPオンライン・エネルギー論壇寄稿
・日経BPオンライン「復興ニッポン」連載
・法務省「研修」エッセイ連載


【所属学会・研究会】

・日本学術振興会産学協力研究委員会・次世代の太陽光発電システム第175委員会 委員
・未踏科学技術協会SPEED研究会(エコイノベーションとエコビジネスに関する研究会) 幹事
・日本エネルギー学会会員・日本地熱学会会員・環境社会学会会員・公益事業学会会員


講演

・「電力自由化区民セミナー2016〜賢い電気の選び方」東京都世田谷区主催
・「エネルギー新時代を探る〜電力自由化に向けて〜」宇部市主催
・「地球温暖化・エネルギー問題から私たちの暮らしと地球の未来を考える」宮城県主催
・「日経ビジネスフォーラムこれからの地球 生物多様性を考えるセミナーin 東京」日経新聞主催
・「政策フォーラム 日本の温暖化対策〜京都議定書からのアプローチ」ISFJ主催
・「地球環境とエネルギー〜企業に期待される省エネ&節電」熊本県環境保全協議会主催
・「産業界の視点から考えるエネルギー・低炭素社会」東京大学サステイナビリティ学連携研究機構主催
・「クリーンエネルギーの未来〜市民参加型で導入拡大を」クリーン発電&スマートグリッドフェア主催
・「スマートコミュニティで目指すエコアイランド宮古島」宮古島市主催
・「私たちの未来を考えよう〜地球環境と紙資源」日本経済新聞名古屋支社主催
・「進化する太陽光発電〜大学での研究開発と利用拡大をめざして」SPEED研究会


MC/シンポジウムコーディネーター・パネリスト】

・「全国地熱自治体サミット〜沸騰!地熱塾」経済産業省主催
・「石油の力。」石油連盟主催
・「原子力報道・メディアの責任を問う」アゴラ研究所主催
・「再生可能エネルギー世界展示会」再生可能エネルギー協議会主催
・「資源ビジネスサミット」経済産業省主催
・「第6回色素増感および有機太陽電池に関する国際シンポジウム2011」DSC-6主催
・「太陽光発電シンポジウムシンポジウム」太陽光発電協会主催
・「ALPS国際シンポジウム 温暖化対策シナリオ・分析の最前線」RITE主催
・「日経ビジネスフォーラムこれからの地球 生物多様性を考えるセミナーin 東京」日経新聞社主催
・「ネイチャー・フォトニクス・テクノロジー・コンファレンス」ネイチャー主催
・「地球温暖化と持続可能な社会に向けて」地球環境産業技術研究機構、IIASA主催
・「気候変動に関する中長期戦略国際会議」東京大学・経済産業省主催
・「進化するディーゼルエンジンの現状」ディーゼルエンジン連絡会主催
・「政策フォーラム 日本の温暖化対策〜京都議定書からのアプローチ」ISFJ主催


【メディア掲載】

・「省エネ時代の最適解〜住環境計画研究所の中上英俊会長との対談」(月刊エネルギーフォーラム2016年4月号)
・「加熱する石炭火力ブーム〜東京理科大学橘川武郎教授との対談」(日経エコロジー2015年9月号)
・「ソーラージャーナル」”再エネの達人”
・「12月COP15控え 温暖化対策座談会」サンケイ新聞朝刊2009年9月18日掲載

番組出演歴

・NHK-BS1 「ワールドリポート」「おはよう世界のトップニュース」「ワールドステーション22」「BS-50」 「BS-55」ワールドニュースキャスター
・ANB 「ナイトライン」、 「THE CNN」キャスター、「ステーションEYE」リポーター、「情報バザール」司会
・TBS 「関口宏のサンデーモーニング」リポーター、CNN 「プライム・トゥデイ」金曜キャスター
日経CNBC「FIT後の太陽光発電の展望」

【バイリンガルMC】

・「革新的太陽光発電国際シンポジウム」東京大学・東京工業大学・産業技術総合研究所主催
・「APEC Women Leaders Network Meeting 2010」

【その他】

・平成27年「先進エネルギー自治体サミット2016」先進エネルギー自治体大賞審査員
・平成22年度電源立地推進調整等事業「日本のエネルギー2011」策定委員会委員

・環境省・環境ビジネスウィメン主催「eco japan cup 2009/2010 キッズ・エコアート賞」審査委員
・省エネルギーセンター主催「省エネルギーポスターコンクール」関東地区審査委員
・日本環境協会主催「我が家の環境大臣事業 我が家のeco宣言☆」審査委員
・経済産業省「民生部門等における地球温暖化対策検討委員会」委員



                           Mayumi Matsumoto Web site

HPの表紙へ戻る